医療レーザー脱毛施術前の毛抜き処理は控えよう

医療レーザー脱毛施術前になったら、クリニックへ行く前に脱毛部位のムダ毛を処理します。

これは針脱毛ではないことではありますが、医療レーザー脱毛では必ず処理を執拗としています。
針はムダ毛を長いままではないと処理ができないのに対し、医療レーザー脱毛は長いムダ毛では施術ができないという、対照的な部分があります。



そんな脱毛前の処理に関して、毛抜きでの処理は控える必要があります。医療レーザーの照射をすると、何に反応をするのかという点で、毛抜きは不向きであることがわかります。


針は毛の毛根に電気を流して処理しますが、医療レーザーはそれとは違って、毛根など組織の黒いカラーに反応を示します。
黒いメラニンというものがあってこそ、レーザー照射は生かされて脱毛を実現化させることになります。

こうした仕組みがあるものですから、毛抜きで引き似たらいけない理由がわかります。

こだわるならBIGLOBEニュース情報は初心者にも分かりやすいです。

メラニンという黒いカラーを狙う医療レーザーなのに、毛抜きで毛を全部抜いてしまっては、せっかく照射をしたレーザーは反応をできないままとなります。毛抜きは1本あれば、半永久的に毛抜きとして使うことができるアイテムです。数本の目立つムダ毛などは、毛抜きによって引き抜いてしまえば、すぐにムダ毛はなくなってくれます。

毛抜きは楽なので、簡単なムダ毛の処理アイテムで多くの人が使っています。

新宿の医療レーザー脱毛技術のご紹介です。

ですが医療レーザー脱毛前の処理に使うのは、毛抜きは向いていないことがわかります。